ひきこもりワーカー
積極的なひきこもりを目指して
お金

生命保険の見直しにほけんの窓口に行ってみた

保険って、家の次に高い買い物と言われています。

わたしは、自分が加入している保険の内容を理解していませんでした。

 

保険って複雑で、考えるのが嫌になっちゃうんですよね

 

税金や社会保険料がどんどん上がっている昨今では、民間の保険料の

支払いが大変

 

すこしでも自分に合った保険を探すために

ほけんの窓口で生命保険の相談をしてきました。

 

こんな悩みを解決します

  • 生命保険の保険料を安くしたい
  • 今加入している保険の内容がわからない
  • 自分に必要な保障内容が知りたい

 

この記事でわかること

  • 自分に合った保険の選び方
  • 必要な保障がわかる
  • おすすめの保険

 

生命保険って何?

生命保険って必要なの?

生命保険って、なんとなく子供のころから加入していたりしませんか?

 

死亡保険金1,000万円って言われても、その意味や金額ってどうやって決めたのか

わからないことが多い

 

わたしが、子どもの時には死亡保険金が2,000万円もついていました。

 

収入がない子どもに2,000万円の保証って必要なのでしょうか?

 

こんな人には生命保険は必要ない

当たり前ですが、生命保険は亡くなってしまった本人は受け取れません。

 

収入を得ていた人が亡くなってしまうと、生活に困る人がいる場合に

生命保険は必要になります。

 

逆に言うと次のような人たちは生命保険の必要性がありません

  • 独身
  • 子供がいなくて共働きの夫婦
  • 専業主婦
  • 子ども

 

収入が無い人が亡くなると、残された家族は生活に困ることはあっても

経済的に困ることは、ほとんどありません

 

 

独身であれば、葬儀代くらいの貯金があれば十分です。

 

 

 

保険の基本的な考え方

保険の意味とは

有事の際に備えるための制度が保険です。

ですが、なんでもかんでも保険でカバーしようとすると

保険料がいくらあっても足りません。

 

保険でカバーする事と、保険以外でカバーする事を

決めることが大切です。

 

保険で備える

起こる可能性は低いけど起きてしまったら、とても困ること

  • 若い時に亡くなってしまう
  • 火災や自然災害 など

 

貯金で備える

逆に必ず起こることや起こる可能性が高いこと

  • 葬儀代
  • 教育資金 など

この考え方が基本的な考え方になります。

 

生命保険はどのような考え方で選んだらいいのでしょうか?

 

 

保険は主契約と特約がある

保険商品は、主契約といわれる契約と

特約といわれる契約がセットになって販売されています。

 

保険の内容を見るときには、主契約が何なのか

特約は何なのかを把握しておくことが大切です。

 

主契約の契約を解約すると特約も一緒に解約になるので

注意が必要です。

 

定期保険と終身保険の違い

定期保険とは

定期保険は保障期間が限定されている保険のことです。

 

10年満期や15年満期など年で満期を迎える保険は

保険期間が満了すると更新が必要なため更新型といいます。

 

更新をするときに同じ保険内容で更新すると保険料が上がります。

 

60歳までと年齢で保障期間が決められている保険は

満期を迎える年齢になるまで更新がないので全期型といいます。

 

 

定期保険は保障される年齢に上限が決まっている場合がほとんどです。

高齢で亡くなった時には保障が終了していて保険金が受け取れない

なんていうことがあります。

 

 

終身保険とは

満期が無く、保障が一生涯続く保険をいいます。

 

保険料の払い込み期間も終身ですが

中には、60歳払い込みなどの保険もあります。

 

払い込みが終わってからも、保障は一生涯続きます。

 

生命保険は、定期保険・終身保険・養老保険の3種類しかない

定期保険の特徴

満期や更新、途中解約の時にお金が戻ってこない保険で

掛け捨て保険って呼ばれている保険です。

メリット

  • 毎月の保険料が安い

掛け捨て保険の一番のメリットが毎月の保険料が安いことです。

  安い保険料でしっかりとした保障が受けられます。

  • 保険の見直しがしやすい

結婚や出産など、生活環境が変わったときに

状況にあった保険に切り替えることがしやすいことです。

掛け捨て保険は、そもそも途中解約をしても保険金は戻ってこないので

ライフスタイルに応じて、柔軟に保険内容を変更することができます。

 

デメリット

  • 満期や解約時に保険金を受け取ることができない

掛け捨て保険の場合、保険金を受け取れるのは

ケガや病気をしたときだけです。

積み立て保険では満期きたら保険金を受け取ることができますが

掛け捨て保険ではケガや病気をしなければ保険金は1円も受け取れません。

 

 

 

考え方によっては、支払った保険料が

無駄になってしまうと感じるかもしれません

 

保険を使わなかったって事は健康に生活できた証拠なので

わたしは、いいことだと思いますが

 

 

終身保険

保険+貯蓄がセットになっている保険です。

積み立て保険っていうやつですね

メリット

  • 満期などの時に保険金が戻ってくる

健康還付金・満期保険金・解約返戻金など

ケガや病気をしなかったとしても支払った保険料が保険金として

返ってきます。

返戻金があることで、貯蓄の一面があるのが

積み立て保険の特徴です。

 

デメリット

  • 毎月の保険料が高い

保障と貯蓄が保険料に含まれるので

掛け捨ての保険に比べると毎月支払う保険料が高額です。

 

  • 途中解約すると損をする

保険料の払い込み期間に解約してしまうと

解約返戻金が払い込んだ保険料より少なくなってしまうのが一般的です。

 

  • 貯蓄性はあるが貯金とは違う

「積み立て保険は貯蓄の代わりになりますよ」

保険の営業さんから、そう言われたことはありませんか?

積み立て保険は貯金のように自由に出金ができないのが

貯金と貯蓄の大きな違いです。

どうしても急な出費が必要な時に、積み立て保険では

対応することができません。

貯金の代わりに積み立て保険を選ぶ場合は

貯金と貯蓄の違いを意識して慎重に考えたほうがいいです。

 

 

養老保険

養老保険は満期がある保険です。

 

ですが定期保険とは違い、

満期がくると死亡保険金と同額の満期保険金が受け取れます

 

仮に、満期を60歳で死亡保障を1000万円に設定します。

60歳になる前に死亡してしまったら、死亡保険金が1000万円

60歳の満期まで生きていれば、満期保険金1000万円が貰えることになります。

 

メリット

  • 満期を自由に設定できる

 

デメリット

  • 保険料が割高になりやすい
  • 保障が終身ではない

 

定期保険と終身保険の特徴をもった保険という感じです。

今では、あまり一般的な保険ではありません

 

 

生命保険の落とし穴

更新(転換)がある

定期保険には満期があります。

10年満期や15年満期が一般的です。

 

保険の更新では、保険の下取りや転換といった言い方をします。

同じ保障内容で更新をすると絶対に保険料が上がります。

 

ということは、年齢が上がるにつれて

毎月の保険料が上がっていくということです。

 

「若いうちに生命保険に入っておいた方が保険料の支払いが安く済みますよ」

なんて言葉をよく聞きますが

安いのは満期を向かえるまでの間だけで

保険の更新時に保険料が跳ね上がります。

 

 

 

保険の更新ができない?

今、生命保険に契約している方は、契約内容を確認してください

定期保険の場合、更新できる年齢に上限があります。

 

死亡リスクが上がる年齢に近づくと

更新できないことが多いです。

 

保険料を支払い続けていたのに、亡くなった時に保険金を受け取れない

なんていうことがあり得るので

定期保険の場合、何歳まで死亡保険が受け取れるのか要確認です。

 

 

 

終身保険で資産形成はできない

終身保険だと、支払った保険料よりも

死亡時や解約時に多く保険金が戻ってくると思っている方もいると思います。

 

現在は終身保険でお金は増えません。

終身保険は、あくまでも保障と貯蓄です。

 

貯蓄部分に利息はつきますが、昔に比べると利息はかなり低い

物価上昇などを考慮すると資産は増えません。

老後のための資金として考えておくのがいいです。

 

 

 

定期付終身保険は要注意

保険の契約内容を見て

「終身なのに、更新がある」って人はいませんか?

 

これは定期付終身保険といわれる種類の保険です。

 

主契約は終身保険で特約で定期保険がついているパターンです。

とても、わかりにくいですよね

 

終身って書いてあるから、長生きしても死亡保険金が受け取れる

なんて勘違いしていませんか?

 

この定期付終身保険には注意しないといけないカラクリがあります。

 

死亡保障は特約の定期保険についています。

定期保険には満期があるんです。

 

死亡リスクが高いころには、

特約の定期保険は更新できなくて終身保険の部分しか保障がない

ということになりかねません。

 

保険料のほとんどは定期保険の部分に充てられているので

終身保険で受け取れる金額はかなり少ないです。

 

このタイプの保険は保険会社が積極的に販売しているので

一度、ご自身が加入している保険内容を確認しましょう。

 

わたしも、この定期付終身保険に加入していました。

 

生命保険の死亡保障っていくら必要なの?

保険ショップで相談するとシミュレーションをしてくれるので

わ難しいことは考えなくて大丈夫です。

 

万が一のときに、家族に必要な生活費を残すためには

基本的に、若いほど死亡時の保険金は多く必要です。

 

具体的に保障はいくら必要なのか

相談したときに計算してくれます。

 

公的な保障でもらえるお金もあるので

個人で調べるより、わかりやすく教えてもらえます。

 

 

社会保障で受け取れるお金

民間の保険に加入していなくても

公的な補償を受け取ることができます。

 

民間の保険を検討する前に、

公的保険でどれだけ補償が受け取れるか確認してから

 

検討すると、民間の保険でカバーするべき補償金額の

参考になります。

 

保障の一例として

  • 遺族年金
  • 寡婦年金
  • 死亡一時金

などがあります。

 

自分の場合、どの保障が受けられて

どのくらいの金額がもらえるのか相談してみてください

 

 

おすすめの生命保険

収入保障保険

収入保障保険は定期保険のひとつで、掛け捨て型の保険です。

 

若い時ほど手厚い保証が得られるかわりに、加齢とともに

もらえる保障金額が減っていきます。

 

 

 

 

若い時は、死亡する可能性は低いけど、万が一死亡した時に

将来必要になるお金が大きいので、経済的影響が大きい

 

高齢になると、死亡する可能性は上がるけど、将来に必要な金額は少ないので

経済的影響は小さくなる。

 

それぞれの年齢に合わせた保障を十分に受けられる特徴があります。

定期保険なので保険料も割安です。

 

積み立ての保険ではないので、老後の資金などは

ほかの金融商品と組み合わせていくといいです。

 

 

保険の見直しをする前に決めておいた方がいいポイント

3つのポイント

  1. 生命保険が必要な人
  2. 生命保険に加入する目的
  3. 保険で貯蓄をするか

この3つを決めておくと相談がスムーズに進みます。

 

死亡したときに家族が困らないようにしたいなら定期保険

保障と貯蓄の含めて保険を利用したいなら終身保険

 

など、将来設計や保険以外の金融商品も考えに含めて

保険のプランを設計していくといいと思います。

 

 

保険の相談をするなら保険会社より、さまざまな

保険会社の商品を取り扱っている、ほけんの窓口などの

保険ショップに行くのが一番いいです。

 

保険の基礎から親切に教えてくれます。