お金

はじめて株を買って学んだ経験

サラリーマンとして働いていても
なんとなくお金の不安を感じていました。

 

貯金だけしてても、何も変わらないし

「なにか資産運用をはじめてみようかな」

そう思って始めたのが株でした。

 

はじめて株を買って、たくさんの学びがあったので
そのときの心境も含めて書いていきます。

 

 

心境の変化

経済への関心度が変わる

株価は日本や世界の情勢によって変動するのは知っていました。

 

でも、それがアメリカ大統領の発言ひとつで
翌日の日経平均が大きく変動するほど影響があるなんて
思っていませんでした。

 

株価とか経済って、利益とか経済政策とか
もっと数字の世界でできていると思ってた。

 

経済ニュースをよく見るようになったり
為替にも注目するようになりました。

 

株を所有していない時は、アベノミクスなんて私には関係ないと思っていた。

「経済に関心がないと知らないうちに損をしている」
株を持つことで、経済って生活に密接に関係していると実感できます。

 

ふるさと納税、NISA、iDeCoなど政府も様々な対策を行っています。

 

興味がでると、株以外に為替だとか、金だとか
についても知りたくなって

資産って何なんだろうって考えるようになりました。

 

 

株を買った人しか得られない経験

日経平均は毎日チェック

日経平均は日本を代表する企業の株価を平均した金額です。日本の経済状況を示す指標ともいえます。

これまで、日経平均なんて気にもしなかったのに、株を持つと日本の日経平均、為替、アメリカの市場など

とにかく、世界経済にまで目を配るようになります。

自分の資産に直結すると思うと人って自然と情報収集するものなんですね

 

 

株価の値動きがすごい気になる

はじめて買った株式はイオン北海道の株でした。日頃よく利用する企業だし、株価も安定して上がっていたのが選んだ理由です。

しかし、買って数日で売りに出してしまいました。

 

株の値動きに慣れていなかったから
当たり前ですが株価は常に変動します。

 

わたしが株を買った時はイギリスがEUを脱退を表明した直後で
株値が大きく値下がりしました。

 

実際は一時的に下がっただけで元に戻ったのですが
その時は
「もっと下がってしまうんじゃないか」
と思い売りに出しました。

そのまま所有していてれば、1.5倍ほどの株価になっていました。

 

「景気の気は気分の気」と言われるほど、気分に左右されます。

 

株の勉強は、株を持っていなくてもできますが
株を持った時の気持ちは株を買った人にしかわかりません

 

投資をする心構えを鍛える意味で、株を所有するのはいい事です。

 

 

株で借金をすることはほとんど無い

株で多額の借金をしたという話をよく聞くことがあると思います。

はっきり言って、株で借金をすることはほとんどありません。

株は、先に証券会社に入金をして、その金額内で株式を購入します。

株で多額の借金をするとしたら、

  • 信用取引をして多額の損益がでた
  • 借金をして、株を買った

このパターンだけ

 

余剰資金で現物取引のみを行うのであれば
借金を背負う事はありません。

 

株式運用をしてみて

現在は株の取引きをしていません。株式に回していた資金を海外の投資信託に移しました。

理由としては

  • 自分で運用しても利益を出すことができなかった。
  • ほかにいい投資案件が見つかった。

利益は出ませんでしたが、株の運用をしてとても良かったです。

 

 

資産を運用するという経験ができた

まず、資産についての考え方、気構えなど資産運用する経験を得られたこと、これが一番大きいです。

 

次に、経済について少しだけ理解できたこと。株価と為替に関係、日本とアメリカの関係、ほかにも色々な要因が日本の経済に影響を与えているんだとわかりました。

 

貯金だけでは、これから先の人生、必ずお金に困る
日本政府も貯金から運用へ資金を回すように促しています。

 

NISAやiDeCoを積極的に広めようとしてるのには
目的があるはず

 

政府の後押しがある今が
資産運用をはじめる最高のタイミング

 

実際、政府の波に乗ると稼ぎやすいです。

アベノミクス前の日経平均株価なんて
10,000円を下回っているのが

それが2020年では23,000円まで上がってます

 

株は少額からでも運用可能です。勉強のつもりで始めてみたらどうでしょうか