ハウスメーカーと工務店って何が違うの?

家を建てるのに、最初に悩むのが

どこのハウスメーカーで家を建てよう?
だと思います。

大手のハウスメーカーから工務店まで
たくさんの建築会社があって、なかなか決められないですよね

ハウスメーカーと工務店の違いや特徴をまとめてみました。

 

 

ハウスメーカーの特徴

一般的にハウスメーカーというと
テレビCMなどで見るような、大手の建築会社を指します。

住友林業・セキスイハイム・一条工務店などが有名です。

 

ハウスメーカーのメリット

品質が高い

やっぱりハウスメーカーの家は品質が高いです。

特に、今の家は高気密・高断熱の家が増えていて
家に性能が求められる時代になりました。

大手のハウスメーカーは長期優良住宅の家が
標準仕様になっていたりと

 

住宅の基本性能が高く設計されています。

 

 

品質が安定している

工場である程度作り上げ、現場では組み立てる作業だけ
という工法を採用しているハウスメーカーがあったりなど

どの地域でも品質にバラツキが無いように工夫されています。

品質が安定していると
家を買う側は、不安が少なく安心して完成を待つことができます。

 

 

補償が充実している

この先ずっと安心して住み続けるには
補償も重要なポイントです。

 

エアコンや給湯機が故障した時に
すぐに修理してくれるのか

万が一、施工に不具合があった時は
どこまで補償してくれるのか

 

など、ハウスメーカーは家が完成した後も
しっかりフォローしてもらえる体制が整っています。

 

 

ハウスメーカーのデメリット

金額が高くなりがち

やはり品質が高い分、建築費用は高くなってしまいがちです。

せっかく注文住宅を建てるんだから
自分の理想を詰め込もう

そう思って、出てきた見積をみると
想像よりも数百万から一千万単位で高額で
マイホーム計画を一から立て直した

なんていう人もいると思います。

 

 

工務店の特徴

比較的、営業範囲が狭く
地場に根付いている建築会社が多いです。

 

工務店のメリット

金額を抑えることができる

ハウスメーカーと比べると、価格を安く抑えることができます。

しかし、安いからといって
品質が劣ることはありません

 

ハウスメーカーよりも工務店の方が
利益率が低く設定されていて

同程度のグレードの家を建てる場合でも
工務店の方が安いです。

 

 

融通が利きやすい

ハウスメーカーに比べると、自由が利きやすいです。

ハウスメーカーによって

  • 間取りの変更ができい
  • 施主支給はダメ

など、決まり事がある場合があります。

 

その点、工務店だと自由度が高い家づくりができ
理想通りの家をつくりやすいです。

 

 

地域の特徴をつかんでいる

工務店はその土地の特徴をつかんでいます。

地盤の強さだったり
その土地特有のメリットやデメリット
今後の都市開発計画にも詳しいです。

工務店だからこそ知っている情報があるので
自分の知らなかった知識を得ることができます。

 

工務店のデメリット

家が建つのに時間がかかる

ハウスメーカーと比べると
若干ですが、工期が長くなりがちです。

 

ハウスメーカーは工期が3か月ほどで完成するのに対して
工務店は4か月ほど必要になってきます。

 

小学校の入学までには引っ越ししたいなど
急いでいなければ、そんなに気にすることは無いですが

 

希望する入居日まで期間が無い場合は
工務店だと間に合わなくなるかもしれません