スティーブ・ジョブズの卒業式のスピーチから人生を考える




スティーブ・ジョブズのスピーチから、インプットの重要性を実感した。

そのときは、いつ役に立つかわからなくても、学んだことがいつか役に立つ時が来る。

 

そして、何を学ぶかは自分の直観を信じて進むべきだと語っている。

スティーブ・ジョブズは直観の通りに人生を歩み、成功してきた人だといえます。

 

 

また、スティーブ・ジョブズは他人の人生を生きるなと言っています。

これと同じことを堀江貴文さんも言っています。

 

時間はすべて自分のためにあるのです。

 

死は誰にでも必ずおとずれます。死に直面した時に自分の人生に悔いがないように生きるためには

他人に時間を搾取されないことです。

 

自分の直観を信じて、その直観に素直になる。

これが人生を謳歌するための唯一の方法なのかもしれない