企業の継続雇用「70歳に引き上げ」首相が表明のYahooニュースを見て




70歳まで働かないといけない時代に

安倍首相は22日、議長を務める未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明した。働く高齢者を増やすことで、人手不足を解消するとともに年金制度などの安定を図る。政府は、関連法改正案を2020年の通常国会に提出する方針だ。

 首相は「70歳までの就業機会の確保を図り、高齢者の希望・特性に応じて多様な選択肢を許容する方向で検討したい」と述べ、関係閣僚に見直しを指示した。

 高年齢者雇用安定法は、高齢者の職業安定などを目的とし、企業に対して〈1〉65歳までの定年引き上げ〈2〉再雇用など65歳までの継続雇用〈3〉定年制の廃止――のいずれかを義務付けている。

 企業側は「定年延長や定年制廃止は人件費増につながる」として、継続雇用制度を選ぶケースが大半だ。体力の衰えで短時間勤務を望む高齢者も少なくない。

 政府としては高齢者が個々の事情に応じ、多様な働き方の中から自分に合ったものを選べるようにしたい考えだ。来夏に制度の方向性をまとめ、法改正を目指す。

yahooニュースより引用

 

健康なうちは働き続けないといけない

 

70歳まで働けるように企業の環境を整えるということは、今よりさらに5年長く働けることになる。働けるというより、働かないといけなくなるんだろうけど

年金の支給も今は65歳からだけれども、年金を貰える年齢も今後上がっていくだろう

 

要するに、若い人たちは年金に頼らないで、老後のお金はしっかり働いて稼いでねって話しなんだと思う。

 

 

実際に70歳でできる仕事なんて、どれだけあるんだろうか

肉体労働は厳しいだろうし、事務系の職種も難しそう

 

 

そう考えると、何割の人が70歳まで再雇用してもらえるのだろうか

仮に働けない場合は、生活が成り立つのかも不安になる。

 

ていうか単純に70歳まで働きたくなんかない

あと40年もつまらない会社で働かないといけないなんて考えると頭がおかしくなる。

 

 

収入源を増やすことが必要な時代に

サラリーマンだと会社が再雇用してくれなければ、収入源が無くなってしまう。

 

最近だと、会社が副業を認めたり、政府が資産運用を促進させたりと

会社以外の収入を確保するように、促している。

 

今から、何かしらの対策をしておかないと、老後の生活費に不安が残る。

私は年金は貰えないようなものだと思ってる。

 

 

終身雇用も崩壊している現在では会社に雇われるのではなくて、フリーランスとして働くか、会社以外の収入源を得ている人が最強なのかもしれない