終身雇用が崩壊、経団連とトヨタが正式に発表




働き方改革とはいったい何なのか?

 

経団連の会長やトヨタの社長が終身雇用に維持は難しいと発言しました。

これまで日本の多くの企業では、終身雇用・年功序列という労働環境が一般的でした。

 

今回の発言は、今後の労働にどのような影響があるか考えてみたいと思います。

 

終身雇用は日本独自の慣習

正社員になるのも難しい

非正規雇用や派遣社員という雇用が増えている。

正社員として働きたくても、求人が無く正社員として働けない人がいます。

就職氷河期を経験した人も大勢いると思います。

 

正社員になるのも難しい時代になりました。

ですが、せっかく正社員として働けるようになっても

これまでのような終身雇用は維持できない状態にあります。

 

また、会社員として働くのではなく

フリーランスとして生計を立てている人も増えてきています。

 

 

機械化やAIによって既存の仕事は減っていく

世の中の変化はとても早いです。

機械化やAIの発達により、今の仕事のほとんどは人間がやらなくてもいいようになると言われています。

 

これからは、会社に属していれば安定して給料が貰えるという環境は変化していくでしょう。

世の中の変化に対応していくスキルや新たな仕事を生み出すスキルが求められています。

 

 

終身雇用の終わりで起こる変化は?

同一労働、同一賃金が実現

昔から、同一労働同一賃金は目標に掲げられています。

終身雇用に崩壊によって、人材に流動性が高まれば

人はより労働条件がいい職場に流れていきます。

 

そのため、企業間での労働条件は徐々に差が縮まっていく動きになると考えられます。

 

ですが、わたしは実現には時間がかかると思っています。

それは、労働組合が各会社ごとに存在していることに一因があります。

 

労働条件や協約が会社内で完結してしまい、同じ職種でも条件に差が出てしまう要因です。

また、地域差による労働条件にも違いがあるので、そういう点でも難しい問題だと思います。

 

 

年功序列もなくなる

終身雇用と並んで日本の労働環境の特徴なのが年功序列です。

終身雇用と年功序列のおかげで、生活が安定していた側面があります。

 

終身雇用の崩壊により、リストラや早期退職が増えていきます。

そうすると、年功序列主義から能力主義へ評価基準がシフトしていき

能力が高い人は長く雇用されて報酬も上がっていきます。

 

フリーランスで働く人が増えているのも、終身雇用・年功序列の崩壊を危惧している若者が増えているからでしょう。

 

 

転職がしやすい社会に

人材の流動化が進むでしょう

雇用が守られていない以上、転職を強いられる人が出てきます。

 

日本は転職に関して閉鎖的です。

また転職のイメージも良くありません。

 

終身雇用が崩壊すると、転職のイメージも変わってくると思います。

 

ひとつの会社にとらわれずに個人のスキルを重視して、

働くスタイルや環境を選択していく時代になっていきます。

 

採用する企業側も今は新卒一括採用が一般的ですが

優秀な社員はより良い労働条件を求めて企業を探すようになります。

 

 

リストラが増える。

終身雇用が終わるということは、リストラが増えます。

企業は正社員を採用すると、なかなか解雇が出来ない状況でした。

 

環境の変化が激しい世の中で、企業も柔軟性が求められて生きます。

そこで、正社員をずっと雇用していくのは、リスクが高いです。

 

派遣社員や期間従業員が増えているのは、人件費を抑える方法として活用されています。

 

 

仕事に対してどう向きあっていけばいいのか

会社員の給料以外の収入を用意しよう

副業やパラレルキャリアといった働き方に注目が集まっています。

ひとつの会社に生活費の全てを依存するのは危ないです。

 

現在でも会社からの給料はとても大切な収入源ですが

それだけでは足りません。

 

働き方改革により、残業は抑えられる動きになっていて

サラリーマンの給料や退職金がどんどん下がています。

 

夫が働き妻が家庭を守るような、サザエさん構造は昔の話しで

今は夫婦共働きの家族があたりまえになっています。

 

ワークライフバランスを重視する考えが広まっていく中で、

現実的に生活していくお金をどのように確保するのか

個人で対策しなければいけないようになりました。

 

大企業に就職するより、個人のスキルを高めていくことが自分を守る。

そのような働き方も視野に入れていかないといけません。

 

 

新しい事やスキルアップの勉強をする

学生の時には入試や試験があり、勉強をしていたと思います。

社会人になると仕事で忙しくなり、勉強をする時間が減っていませんか?

 

この先は、年齢や勤続年数よりも個人のスキルが重視されます。

常に新しいスキルや知識を身に付けていかないとなりません

 

働き方改革で残業時間が減り、できた時間をどのように使っていますか?

出来た時間を飲みに行くことに時間を使ったりしていてはダメです。

 

時間を勉強や自己投資に回さなければ、リストラ対象になっていきます。

仕事以外の時間で自分を高めていかないといけません。

 

 

人脈、コミュニティを大切にする

人間関係が職場の人しかいないような人もいて

定年を迎えると友人もいなくてずっと家にいるような人もいたりします。

 

社会人になると友人ができにくかったり、人間関係に広がりが無くなっていくので

自分から積極的に人間関係を広げていく努力が必要になってきます。

 

中には「無理して、面倒な人間関係を築きたくない」という人もいるかと思います。

ですが、それは大変危うい発想です。

 

人間関係の広さは、人生に大きな影響を与えます。

なぜ、職場以外の人間関係を構築することが大事なのか

2つほど理由をご紹介します。

 

一つ目は、人との繋がりには価値があるということ

 

多くの知人や友人がいることは、集客できるという能力が高いということで

幅広い人間関係を築いている人は、それだけで営業能力が高いことに繋がります。

 

モノやサービスを売り出すときに、この人に宣伝してもらえたら

一気に普及するとまわりから認知されれば、仕事が舞い込むことがあるかもしれません。

 

二つ目は、コミュニティの広さはセーフティーネットになる。といこと

コミュニティが広ければ、助けてくれく人が大勢いるということです。

 

たとえ、お金が無くなったとしても、家に泊めてくれる友人がいたり

ご飯をおごってくれる友人がいてりしたら、生きていくことはできます。

 

人の繋がりは、自分を守ってくれたり、新しいことに挑戦するキッカケになったりします。

 

最近ではオンラインサロンなどのコミュニティが普及してきました。

堀江貴文さんやにキングコングの西野亮廣さんなども開設しています。

 

そのような人が集まる場所では、様々なイベントやサービスが企画され

実現させるために活動をしています。

 

人との出会いや繋がりには大きな可能性を秘めているのです。

 

 

意外なことがマネタイズに繋がる

インターネットやSNSの普及によって

ユーチューバーやインンスタグラマーなど

インフルエンサーと呼ばれる人が社会に大きな影響を与えるようになったり

 

テレビゲームがeスポーツとして競技化されたりなど

さまざまな職業が生まれています。

 

生活の一部や趣味から収入を得ることができるようになりました。

 

最近では、YouTubeでASMRというのがブームになっています。

アイデアや手法次第で、思いもよらないことが収入源になるかもしれません。