副業で欧米輸入品の国内販売に挑戦してみた




副業として欧米から商品を輸入して、日本国内で販売してみました。その経験について話していきます。

欧米から商品を輸入してから販売までの流れ

転売して利益が取れそうな商品を探す。

アメリカのAmazon(https://www.amazon.com/)で商品を探します。普段買い物をしているAmazonは日本のAmazon(https://www.amazon.co.jp/)なので違うサイトになります。

日本のAmazonで売られている商品とアメリカのAmazonで売られている同じ商品を確認していきます。

検索の方法は、まず日本のAmazonで「並行輸入品」などのキーワードで検索をします。すると並行輸入品の商品が検索できます。

検索してあがってきた商品をアメリカのAmazonで検索します。まずは、その商品の価格差を確認し利益がとれるか判断します。

ある程度価格差があり利益が出そうな商品があったら、商品の重さを確認します。輸入の際にかかる送料を1gで1円程で考えます。

同じ商品だと思っても細かいところが違う商品があります。Amazonの商品にはひとつひとつにASINというコードが割り振られているのでASINが同じ商品は間違いなく同じ商品なのでASINで商品を確かめると間違いありません。

ちなみにアメリカのAmazonは英語表記です。

 

実際に日本に輸入する。

日本に商品を輸入する際にはMyUS.com(https://www.myus.com/)というサイトを利用します。

このサービスは、輸入したい商品を一時的に預かってくれて、ある程度輸入する商品が溜まっところで、まとめて日本に発送します。

発送する商品の重量が10kg程になると割引もしてくれます。またアメリカンエクスプレスのカードで支払いするとさらに割引してくれます。

実際に商品を輸入したとちても、日本で売れなければ在庫になっていしまいます。日本でどのくらい売れているのかを調べるのには

モノレート(https://mnrate.com/)というサイトを使います。モノレートで商品を検索して、商品の相場と売れ行きを確認します。

モノレート調べた商品相場(売値)と仕入れ先のアメリカAmazonの商品価格(仕入れ値)を比べて利益が取れる商品で、なおかつ日本で売れているものを輸入します。

商品をMyUSから日本に発送するといきは、ある程度まとめて発送した方がいいので、MyUSに10kg程度商品が溜まったら日本に発送しましょう。

 

販売

販売はAmazonマーケットプレイスというサービスを使って販売します。アメリカのAmazonで購入した商品を日本のAmazonで販売するわけです。

Amazonマーケットプレイスには大口出品サービスと小口出品サービスの2つに分かれます。大口出品サービスの方は月額4,900円かかります。

小口出品サービスの方は1商品ごとに出品料が100円かかります。(商品が売れた時に請求されます。)

1月に大量に商品を出品する人は大口出品サービス 出品する商品が少ない人は小口出品サービスで登録するのがいいです。

 

納品

わたしはAmazonのフルフィルメントby Amazon(FBA)という方法で納品しました。

FBAを利用すると、商品を一括でAmazonに送ってしまえば、商品が売れた時にお客さんへの発送をAmazonが代行して行ってくれます。(手数料はかかります。)

FBAを利用することで、輸入した商品を家で保管するスペースもいらないので、私はFBAで納品していました。

 

欧米輸入をした感想

副業として、転売をはじめる人も多いと思います。実店舗での転売と違い、輸入販売となるとハードルは上がります。

ですが、利益が得られる商品を見つけられれば、複数その商品を輸入できるので利益を伸ばすこともできます。

副業として再現性も高く、結果がわかりやすいのもポイントです。

しかし、在庫をかかえるリスクはあります。輸入した商品が売れ残った場合は損失となってしまいます。価格を下げて販売するなどして赤字でも販売することも必要です。

転売は商品を安く仕入れて高く売る。シンプルなビジネスモデルです。なにか副業を始めようと考えているなら一度挑戦してもいいと思います。

自分でモノを売って利益を得るという商売感覚を養えます。