仕事が嫌だと感じた瞬間から転職活動を始めるべき理由




仕事を辞めたい気持ちも大切にする。

誰でも働いていれば一度は「こんな仕事辞めてやる」と思ったことがあるはずです。

仕事に対するモチベーションにも波があるので、常にやる気に満ち溢れている人はいないと思います。

モチベーションが下がっても、何日かしたら、またやる気が戻ってくる場合は何も問題ありません。

ですが、何日経ってもモチベーションが上がらない時は、一時的な感情ではありません。

そういう時は、辞めたいという気持ちを大切にしましょう

辞めたい気持ちを受け入れることで、視野を広げて行動できます。

 

嫌な仕事を続けるリスク

仕事が嫌になる理由はさまざまです。仕事の内容が合わなかったり、人間関係が嫌になることもあります。

嫌な仕事を我慢して続けていると、精神的に不健全な状態になったり、体調も悪くなります。

仕事よりも大事なのは健康です。これは間違いないです。

健康を害してまで、その職場で働かないといけない理由はないはずです。

 

「最低3年は勤めないと」なんて思わない

就職や転職を下ばかりの人は「3年ははたらかないと」というプレッシャーがあるかもしれません。

いったい誰が最低3年は勤めなさいなんて言い出したんだろう?どの3年には何の根拠もないのに

ただなんとなく3年と言っているだけです。

なので、まわりにとやかく口を出してくる人がいても完全に無視して構いません。

働いているのは、自分自身です。自分の気持ちを最優先してください。

誰しも他人より自分が一番大切なのです。

 

転職には時間がかかる

いくら仕事が嫌で辞めたいと思っても、いきなり退職届を提出する人はいないと思います。
(それが出来たら最高ですけどね)

売りて市場といわれている今日でも、転職には時間がかかります。

仕事内容や待遇など、納得のいく仕事先に転職したいですよね。

なので、仕事が嫌だと感じたら、すぐ行動に移すべき理由です。

 

情報収集は早ければ早いほどいい

転職活動の第一歩は情報の収集です。情報というのは、どんな求人が出ているのかや

自己分析をするのも情報収集のひとつです。

求人はハローワークで求人を検索してり、転職を斡旋しているインターネットサービスやサイトもあります。

ハローワークは基本的に平日の日中しかやっていないので、仕事をしながら利用するのは時間的に難しかったりします。

 

さまざまなツールを使って情報を集める。

みなさんスマートフォンを使っていると思います。このスマートフォンを使って

効率よく転職活動を進めましょう。ネットで求人を探すのにスマホはピッタリです。

仕事の休憩時間に転職サイトで簡単に求人を検索できます。

また、ハローワークには出ていない求人の多くあるので、転職活動をするのであれば

必ず利用しましょう。

 

自分で求人を探す時間も無いという人に、さらに効率的に求人を見つけられる方法を紹介します。

それは、転職エージェントに登録することです。登録すると

エージェントサイトによっては、電話でヒヤリングをした後に

専門のエージェントがあなたに合った求人を紹介してくれます。

 

実際に転職するか、わからない状態でも情報の収集はできるだけ早く行いましょう。

どんな求人があるのか調べた後で、転職するか決めても全く問題ないのです。