プレゼンテーションのコツは「掴みと落ち」




わたしは、はじめて入社した会社で毎日3分間スピーチをさせられていました。出勤までの間に今日は何についてスピーチをしようか悩みながら出勤していました。

「毎日毎日しゃべる事なんてねーよ」と思いながら考えていたのを覚えています。

 

プレゼンは掴みと落ちだけで大丈夫

上司から教わったプレゼンテーションのコツは2点だけでした。それは、掴み落ち この2つさえ間違わなければ何も問題ないという事でした。

プレゼンテーションの導入部分と最後の着地点を明確に決める。そして、その間を起承転結を考えながら結んでいくだけだと

そんな簡単に言われても・・・と最初は思いました。ですが、プレゼンの最初と最後を決めるだけで、話の全体が構成しやすくなります。

掴みで聞き手の関心を引いて、最後の落ちはこちらが導きたい方向に持っていくことができます。

 

しゃべり方に工夫をする。

わたしなりにプレゼンテーションする時に工夫したしゃべり方がありました。それが、しゃべらない時間を作ることです。

わたしは、基本的に人は話しを聞かない生き物だと思っています。それが興味が湧かないプレゼンやスピーチなら、尚更聞く耳を持ちません。

そこであえて、しゃべらない時間を作ることで、聞き手の気を引くことが出来ます。

 

卒業式で卒業生代表の挨拶の時に、それまでしゃべっていた卒業生が感極まって言葉に詰まった瞬間、代表の卒業生に注目した経験がありませんか?

わたしは、それと同じ効果を利用しました。特に効果的なのはプレゼンテーションを始める直前と大事なポイントを伝える前です。

プレゼンテーションを始める前に、しゃべらない時間を作るって矛盾しているように聞こえるかもしれません。

それがプレゼンテーションの前にひと呼吸おいて、こちらに注目を引き付けてからプレゼンテーションを始めると、聞き手の反応が違います。

会場がすこし静かになるまで待ってプレゼンテーションを始めるのが丁度いいタイミングです。

 

わたしもプレゼンテーションが上手くなった

プレゼンテーションをする際に実践したポイントは、ほんとこれだけです。簡単な挨拶程度の時は掴みと落ちだけを考えて、しゃべりながら話しの内容を考えていました。

入社して、何度もスピーチをしているうちに自然とスピーチが上手くなっていました。

自分もスピーチが上手くなったんだなと思ったのが、先輩から「お前のあとに、スピーチしたくないんだよな」と言われたことです。

この言葉で、わたしのプレゼンテーションに対する苦手意識はなくなりました。