ノロウイルスの予防と対処法




今年に入って、家族全員がノロウイルスにかかり胃腸炎になってしまいました。

私自身ノロウイルスに感染するのが初めてで、こんなに辛いのかと実感したので

ノロウイルスの対処法などをまとめていきます。

 

 

ノロウイルスって何?

 

ノロウイルスの症状

潜伏期間がおおよそ24時間~48時間です。主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で発熱はあまりありません。

これらの症状が1日~2日続いて治癒に至ります。後遺症もありません。

子どもが感染した場合は重症化しやすいので注意が必要です。

 

 

ノロウイルスはどうやって感染するの?

ノロウイルスの感染経路はいくつかありますが、おおよそ次の3つが感染経路だと思われます。

 

1 ノロウイルス感染者のふん便やおう吐物から、人の手を介してノロウイルスが二次感染した場合

2 家庭や公共施設などのヒト同士が接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染など直接感染する場合

3 食品を調理する人がノロウイルスに感染しており、その人を介してノロウイルスに汚染された食品を食べた場合

 

ノロウイルスは冬場に患者が急増しますので注意しましょう。

予防策と対処法

 

直接触らないこと

ノロウイルスはふん便やおう吐物の中に大量のノロウイルスが存在します。感染源のひとつなので処理には十分な注意が必要です。

 

床などに飛び散った、ノロウイルス患者のふん便やおう吐物を処理するときは、使い捨てのエプロン、マスクと手袋を着用し

ペーパータオルなどで汚物中のウイルスが飛び散らないように、ふん便、おう吐物を静かに拭き取ります。

おむつや、ふき取りに使ったペーパータオルなどはビニール袋に入れて密封して捨てます。

 

とにかく直接ウイルスに触れないようにしてください

 

 

とにかく消毒が大事

ふん便やおう吐物をふき取っただけでは、まだノロウイルスが残っています。

拭き取った後は、次亜塩素酸ナトリウムで床を拭き、その後に水拭きをします。

 

ほかにも、トイレに行った後の便座や、手を洗った後に次亜塩素酸で消毒するといいでしょう。

除菌するためのスプレーも販売されています。こちらの商品は調理器具やおもちゃに使用しても安心です。

 

よく手を洗う

ふん便やおう吐物を処理した後や食材を調理する前は必ずよく手を洗いましょう。

ノロウイルスは少量のウイルスでも感染してしまいます。

 

 

症状が重い時は病院へ

あまりにも、下痢やおう吐がひどい時は病院へ行きましょう。

現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。なので対処療法が行われます。

 

特に乳幼児や高齢者は脱水症状をおこしやすいので、水分と栄養は十分に補給いましょう。

脱水症状がひどい場合は病院で点滴などの治療をすることもあります。