デフレとインフレの違いで適した資産運用が変わる




経済は常にデフレかインフレの状態にあります。経済状況に応じた資産運用をすることで

効率よく資産を増やしていくことができます。

 

デフレ経済とは

物価が値下がりし相対的にお金の価値が上昇していく状態です。

需要より供給が多いと、物の価格は下落していきます。

1個100円で売られていたリンゴがデフレ経済だと、売り手は商品を

売り切ろうとするため、価格が下がっていきます。

需要より供給が多い時にデフレになりやすいです。

 

デフレのメリット

デフレだと物価が下がり貨幣価値が上がることをいいます。

お金を貯めておくと、額面上は変わらなくても、その貨幣価値はどんどん上がっていきます。

 

デフレのデメリット

物が売れないので、市場にお金が回りません。なので経済は衰退していきます。

物が売れないので、企業の収益が下がる。→収益が下がると給料が下がったり、リストラを行う→

→給料が下がるのでさらに物を買わなくなる。→さらに企業の収益が下がる。

このような悪循環が起きます。

また、デフレ経済は失業率も高くなります。

 

デフレ経済に強い資産

物を所有していても、デフレ経済では物の価値が下がってしまいます。

デフレに強い資産の代表は国債です。

国債は元本を国が補償しています。特に先進国の国債が買われる傾向にあります。

 

インフレ経済とは

物価が値上がりし相対的にお金の価値が下落する状況です。デフレの逆です。

需要より供給が少なくなるとインフレは起きます。

1個100円で買えたリンゴがインフレだと110円、120円と物価が上がっていきます。

物価が上がるということは相対的に通貨の価値が下がっていくということです。

今、日本は物価上昇を目指し経済をインフレ傾向にもっていこうとしています。

 

インフレのメリット

緩やかなインフレが起きているときは好景気といわれています。

インフレの時は人がたくさんお金を使うようになるので物が売れるようになります。

物が売れると企業の収益が上がる。収益が上がると給料が増える。給料が増えると、さらに物を買う

このような流れは、とてもいい経済状況にあるといえます。

また、インフレは輸出企業にとってはプラスになります。

 

インフレのデメリット

インフレは物価が上昇していきます。好景気になるにな物価の上昇にともなって給料も上がらないといけません。

物価が上がるだけで給料が上がらなければ、消費はあがりません。

急激な物価上昇を起こし、貨幣価値下落することをハイパーインフレといいます。

最近ではジンバブエがハイパーインフレを起こしています。

 

インフレ経済に強い資産

インフレに強い資産は不動産です。

インフレ時は物やサービスの価格が上昇し、起業の業績も良くなるため

資産を現金で保有するより、株や不動産に投資した方が資産価値が上がるとされています。

 

世界的にみると常にインフレ状態

人口が増えると物が不足していきます。そうすると物の価値は上がり続けます。

世界の人口が増え続けている間は世界的にはインフレなのです。

日本の経済は停滞していたとしても、経済発展をしている国は必ずあります。

効率よく資産を増やすには、世界にも視野を広げましょう。