サーフィンを楽しむための海でのマナー10選




1.サーファーは自分自身に責任を

サーフィンの自己が増加しています。そのいくつかは裁判になるほど深刻な事故となっています。しかし、ほとんどの事故は未然に防げたものです。

また相手がいる場合は、どちらか一方に100%の過失があると言えないものが多いです。

自分自身の行動に責任をもって、だれにも迷惑をかけないサーフィンを心がけましょう。

 

2.ピーク優先

サーフィンにはピーク優先というルールがあります。これは世界中どこのサーフポイントでも共通のルールです。

岸に向かって来たうねりが最初に崩れ始める(ピーク)に一番近いサーファーが波に乗る優先権があります。

 

3.ドロップインはルール違反

サーファーがすでにライディングしている波に同じ方向にテイクオフしてしまうことをドロップインといいます。

悪意があるないにかかわらず、ドロップインはルール違反です。またドロップインはたいへん危険な行為で、もしドロップインしてしまったときはすぐに相手に謝るのがマナーです。

 

4.サーファーの真後ろでパドリングしない

パドルをして沖に向かうことをゲッティングアウトといいます。同じようにゲッティングアウトしているサーファーの真後ろについてはいけません。

前にいるサーファーが波に押し戻されてぶつかってケガをする可能性があります。

 

5.ライディングエリアでは要注意

ゲッティングアウトしているときはライディングしているサーファーと接近することがよくあります。ライディングエリアはサーフポイントによってさまざまですが、もしライディングエリアを避けてゲッティングアウトできるならそのルートで沖に向かいましょう。

もし、それが無理ならよく注意してライディングエリアを通過してサーファーの邪魔をしないようにしましょう。

 

6.テイクオフ優先

ゲッティングアウトしているときにテイクオフするサーファーと接近しそうになった場合、その進行方向と逆の方向にパドリングしましょう。

 

7.声を出す

ゲッティングアウト中にライディングしてるサーファーが気が付かずに接近してきたら「HEY!]など声を出して注意をうながしましょう。

太陽の光などで見えにくい場合があります。

 

8.いつも予測していよう

小さな波でサーフィンをしようとしてインサイド(岸側)で波を待っていると、他のサーファーのライディングを邪魔してしまうことがあります。

もし波がブレイクしたらサーファーがどの方向に進むか、予測を立てて邪魔にならないよう心がけましょう。

また、サーファーが乗ってきたら、そのサーファーよりアウトサイド(沖側)に向かい、そのサーファーの集中を妨げないようにしましょう。

 

9.プルアウトは早めに

ビギナーはサーファーの邪魔をするつもりはありません。ニアミスしそうなとき、もし充分にサーフィンができる実力があったら早めにプルアウトしてやさしく教えてあげてください。

 

10.知り合いがいても両手で手を振るな

世界のライフセービングには共通のサインがあります。そのひとつが両手で大きく手を振ることです。これは助けを求めるサインです。