サーフィンをやるなら車はハイエースが快適




サーフィンを始めようとしたときに、困るのがサーフィンに行く車です。ショートボードなら、どんな車でも積めるけど

ロングボードだとミニバンサイズの車じゃないと、車の中には積めません。

 

わたしは前に乗っていた車がセダンタイプだったので、車のルーフにサーフボードを固定してサーフィンに行っていました。

 

サーフィンに行くときにルーフにサーフボードを固定するのってすごい手間なんです。

この手間が嫌で、わたしは車をハイエースに乗り換えました。

サーフィンのために車まで買い替えちゃいました。

 

ハイエースに変えてよかったこと

ボードを車に中に楽々積める

車の中にボードが積みたいと思って買い替えたので、サーフボードを積めるのは当たり前なんですが、

サーフボードを2枚積んでも二人は余裕で乗れます。

 

車の中で着替えができる

ハイエースな荷室スペースが広いので、車の中で着替えもできます。

ウェットスーツやドライスーツに着替えるのは結構大変なので、車の中で着替えができるのは楽です。

 

シートを倒せば、足をのばして寝ることができる

サーフィンで疲れたら、車で横になる事もできます。

専用のベッドキットも売っていますが、ベッドキットをつけなくても休憩するくらいなら

シートを倒すだけで充分です。

 

車税が安くなった。

ハイエースの車税は16,000円です。前のセダンと比べると数万円違います。

 

 

ハイエースのデメリット

 

車検が毎年

普通車であれば2年に1回の車検ですが、ハイエースは貨物車両扱いなので毎年車検になります。

車税が安くなったのはいいのですが、車検が毎年というのは厳しいところです。

 

エンジン音がうるさい

わたしが乗っているハイエースはディーゼル仕様なので、エンジン音がうるさいです。

ガソリン車や電気自動車のような快適な車内空間にはなりません。