コピーライティングには新パソナ(PASONA)の法則を用いるのが効果的




新パソナ(PASONA)の法則とは

コピーライティングの型のひとつで神田昌典さんが提唱している法則です。

パソナの法則は1999年に発表されたのですが2016年に新パソナの法則が発表されています。

 

パソナ(PASONA)の法則では

Problem(問題)

Agitation(問題をあぶり出し、あおる)

Solution(解決策を提示)

Narrowing down(絞り込み)

Action(行動)

この5つの構成の頭文字をとってパソナ(PASONA)の法則といいます。

 

新パソナ(PASONA)の法則では

Problem(問題)

Affinity(親近感をだす)

Solution(解決策を提示)

Offer(提案)

Narrowing down(絞り込み)

Action(行動)

新パソナの法則ではAgitation(問題をあぶり出し、あおる)がAffinity(親近感をだす)に変わって

Offer(提案)の項目が増えています。

この6項目で形成されているコピーライティングが新パソナの法則です。

 

 

P=Problem(問題)

読者が抱えている問題や要求を明確にする。問題を明確にしてから、どのような解決策があるのかという内容に繋げていきます。

最近、年を重ねてきて、だんだん髪の毛が薄くなってきたなと感じてきませんか?

 

A=Affinity(親近感)

読者が共感する事を書く。同じ痛みや同じ悩みをもっていることをストーリーにして書く

そうすることで、五感に響く内容になります。

お風呂上りに、妻から「髪薄くなってきたね」とひとこと言われてしまいました。

 

S=Solution(解決策)

提起した問題を実際にどうやって解決するのか具体的な方法を書いていきます。

このとき、データやビフォーアフターの写真などがあると説得力のある内容にすることができます。

薄毛の悩みを解消するのに効果がある、商品が○○です。

 

O=Offer(提案)

解決策を実行するための具体的な商品やサービスを提案します。

この○○は、薄毛に効果があり、使用した80%の人が効果を実感しています。

 

N=Narrowing down(絞り込み)

限定性や希少性、緊急性のあるものに弱い性格をもっています。みなさんもタイムセールなどでついつい買ってしまった経験があると思います。

薄毛のケアは出来るだけ早い方がいいです。

 

A=Action(行動)

最後に、今すぐに行動しなければいけない理由を書いて、具体的な行動の後押しをします。

今なら限定100名様にキャンペーン中になっています。購入するなら今がお得です。

 

新パソナの法則をもっと詳しく知りたい方は

稼ぐ言葉の法則「新・PASONAの法則」と売れる公式41 神田昌典(著)に掲載されています。