ほけんの窓口で生命保険と医療保険の見直しをしてみた




節約しようと思い、ほけんの窓口で保険の見直しをすることにしました。

実際の内容や相談の流れについて書いていきます。

 

まずは来店の予約をしよう

予約は電話かネットから予約ができます。

ネットの方が、お店の空き状況がわかりやすいのでネットから予約することをオススメします。

来店時間を選択したら、氏名や相談内容を記入します。

その後にほけんの窓口からメールが来たら、予約完了です。とても簡単

 

相談の流れ

わたしは、まず今入っている保険の内容の確認から始めました。
正直、どのような保障がついているのか正確に把握していないまま保険に加入していました。

 

わたしが入っている保険は

朝〇生命
死亡保険金が1000万円
医療保険

 

妻が入っている保険は

朝〇生命
死亡保険金が1000万円
医療保険

この時は死亡保障について相談しました。

今の保険で気になる点

・妻の死亡保証の金額は多すぎるんじゃないか
・定期保険なので、更新の度に保険料が上がる事
・今の生活状況に保険が合っているのか

この3点について聞いてみることにしました。


妻の死亡保証の金額は多すぎるんじゃないか

結論から言うと、妻の死亡保障は減額することにしました。

死亡保障は残された家族のための保険です。妻は専業主婦なので収入はゼロです。

仮に妻に万が一のことがあったとしても、金銭面で困ることはありません。

なので、妻の死亡保障1000万円は保険の掛けすぎでした。


定期保険なので、更新の度に保険料が上がる事

今の保険は定期保険なので、満期が来ると更新があります。更新の時には必ず保険料が上がります。

亡くなるリスクが上がる程に保険料も上がっていくという訳です。

アドバイザーによると次の更新の時には保険料が2倍から3倍近い金額になるということでした。


今の生活状況に保険が合っているのか

わたしも妻も独身時代に加入した保険をそのまま継続しています。

独身に必要な保険内容と家族に必要な保険内容はちがいます。

必要な保障もあれば、逆に不必要な保障もありました。

結婚したり、子供が出来た時は保険の見直しもしましょう。

 

どれだけの保障が必要なのか考える

今の保険の内容が理解できたら、どれだけの保障をつけたらいいのか相談に乗ってもらいました。

わたしは、妻と2歳の子供も3人家族です。

万が一わたしに何かあった場合に、残された家族が困らないためにどれだけの資産を残したらいいのか算出しました。

子どもが大学まで進学したとして、妻が年金を貰える年齢になるまでには約6000万円必要だということが分かりました。

そうです、今入っている生命保険ではカバーしきれていないのです。

 

保険を変えるかはあなた次第

結局、わたしは死亡保障をやめて収入保障に保険に加入することにしました。

その理由は、

・わたしが若くに亡くなっても家族が金銭的に困ることがない
・保険の更新が無く保険料が上がらない

この2点でした。

ほけんの窓口では、無理に保険を変えさせようとしたり、新しく保険に加入させようとすることはありません。

保険のプロとして相談にのってくれます。

アドバイスを聞いたうえで、保険を変えるのか決めるのは自分自身なので

気軽な気持ちで相談に訪れるといいと思います。