いじめられて経験があるわたしが親になって思うこと




わたしがいじめにあったきっかけ

 

わたしは中学生の時にいじめにあいました。

きっかけは入学式当日にどうしてもお腹が痛くなって、それを先生に言い出せず教室でう〇こを漏らしてしまったこと

 

 

無視されてりすることはなかったのですが、変なあだ名をつけられて、陰口をわたしに聞こえるように言われたり、

とにかくいろんな嫌がらせを受けていました。

 

幸いにも、一緒に遊んでくれる友達はいたので孤立することが無かったのが救いです。

 

 

わたしは学校でいじめられていることを親に言うことはできませんした。それはなぜかというと

 

 

自分がいじめられている事を知ったら、親が悲しむんじゃないかというのと、

親に話すといじめられていることを認めたような気がして、いじめられていることを認めたくないi意地があって言い出すことができませんでした。

 

 

「学校に行きたくない」と言えたらもうすこし楽な中学校生活を送れたかもしれない

 

いじめの現状

 

いじめは無くならない

 

いじめられた経験があるわたしが思うに、いじめを無くすことは無理だと思います。

大人の社会でもいじめやパワハラが問題になっている世の中で、どうやって子供たちのいじめを無くすことができるんだろうか

 

 

ある一定の集団で生活していると、ヒエラルキーのようなものができあがります。それはどこの世界でもあるので、どうしようもありません

人の本質的に、自分と相性が合わなかったり、違う性質の人間を遠ざけたり、排除します。

それが、無視や嫌がらせなどのいじめに繋がっていきます。

 

 

せまい人間関係と仲良くすることを半ば強要されることで、合わない人間とも仲良くしないといけなくなります。

そもそも、合わない人間とは基本的に仲良くなれないんです。

 

 

 

いじめられる側に理由なんては全く無い

 

テレビを見ていると「いじめられる方にも理由がある」なんて言っているコメンテーターを目にします。

 

 

わたしからすると、「こいつ何言ってんの?本気でそんなこと思っているなら、今すぐコメンテーターなんて辞めるべき」

それ、空き巣に入られても、「しっかり防犯対策してないあなたがいけない」と言っているのと同じことだから

 

 

いじめられるのに”きっかけ”はあってもいじめられる”原因”はありません。

問題があるにはいじめられる側ではなく、いじめるに100%の原因があります。

 

 

 

自分の子どもが、いじめられたらどうしたらいいのか

 

学校が全てではないことを教える。

 

今でも、学校でいじめられている人がいます。

子どもは、過程と学校生活が人生のほとんどの時間を占めていて、おかれている世界がほぼ家庭と学校の2つだけで成り立っています。

 

 

その狭いコミュニティの学校というところに自分の居場所がなく、つらい思いをしているのだとしたら

精神的にはかなりの負担になります。

 

 

根本的に、見えている世界が大人に比べて圧倒的に狭いことを大人は理解しないといけません。

 

 

自分がいじめがある環境にいるからなんです。

 

いじめが無い環境に身を置けばいいんです。転校するのもいいと思います。

最悪学校に通わなくても、勉強は家でもできますし、いじめがある環境から距離を取る方法いくらでもはあります。

 

 

学校が世界の全てではないことを子どもに教えてあげてください。

学校になんていかなくても、自分を受け入れてくれるコミュニティはたくさんあることを伝えてください。

 

 

「学校に行きたくない」と家族に伝えて、不登校になる子どもは強い子だと思います。

わたしは、いじめを受け入れることすらできませんでしたから

 

 

わたしは、いじめを経験して、他人に関心を持たなくなりました。

とにかくいじめから逃げることが重要です。いじめられる環境にいつまでも身を置いていると

これから先の人生に大きな影響を与えます。

 

 

世界はとにかく広い、必ず自分に合う居場所はある。